RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Neoorok (10/13)
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Mario (07/09)
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Benjamin (07/08)
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Edwin (07/08)
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Leopoldo (07/08)
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Percy (07/08)
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Marco (07/08)
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Autumn (06/30)
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Columbus (06/30)
  • 音で旅する世界旅行(Trip to the world of sound)
    Avery (06/30)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Atmos back office!vol.2

Atmos Diningの舞台裏(日常?)を不定期で更新中。
農村部日記:上出来トウモロコシ
0


    こんにちは!
    農村部のヒカルです♪

    畑のトウモロコシを収穫しました。
    ものすごく上出来です!

    鳥にも食べられず、こんなに綺麗に粒が揃うなんて、、、、、感動です!!!

    すみません、単なる自画自賛ですがものすごく嬉しいです!


    農村部:ヒカル
    | アトモス農村部(hikaru) | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    農村部日記「大玉トマトの収穫」
    0


      やってきましたよー!
      トマト収穫の季節です!!

      4月の終わりに苗を植え付けていたトマトの収穫第一波が来てますよーーー!

      先日は、ミニトマトのトマトベリーを紹介しましたが、
      今日は大玉トマトの紹介です。

      私の個人的な好みで、自分で植えるトマトは、ミニトマト以外、ほぼ加熱用のイタリアントマトの品種か、フランスのトマトを作っています。

      日本のトマトは圧倒的に生食用の「桃太郎」市場ですが、
      世界的な市場をみると、トマトは加熱加工用の皮がしっかりした赤みの強い、水分の少ないタイプがほとんどなんですよ。
      (豆知識にどうぞ)

      加熱用のトマトは、生で食べると、ええっと拍子抜けするくらい味気ないものですが加熱すると劇的に味が変化して美味しいコクのあるトマトソースができます。



      ひとまず大玉トマトだけ並べてみました。
      ●ルンゴ(イタリア)・・・22個
      ●ボンリッシュ(フランス)・・・11個
      ●ズッカ(イタリア)・・・6個
      ●ロッソロッソ(イタリア)・・・7個
      ●オレンジバナナ(ソムリエ野菜シリーズ)・・・3個

      不思議と今年は、ウリ科の野菜(キュウリ、ズッキーニ、カボチャなどなど)が弱くてナス科(トマト、ナス、ピーマン、唐辛子)が豊作です。
      今年は例年よりも28星てんとう虫が多くて、ナスの葉っぱがレースみたいに穴あきになっています。
      カメムシも多いな。

      でも、カマキリの小さな子供たちもたくさんいるし、蜘蛛もカエルもたくさんいるから自然に任せて放置しています。

      これから夏野菜に追われますねーーー。

      まずは、痛んでいるのとか選別して、用途でわけて先に加工して食べやすくしておこうと思います。


      農村部:ヒカル

      | アトモス農村部(hikaru) | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      農村部日記 「トマトベリー」
      0


        こんにちは♪
        連日投稿、農村部のヒカルです。

        今日も野菜ですよ。
        夏の人気野菜、トマトです!

        私は夏野菜はトマトが一番作り甲斐があるので、好んでたくさんの種類を作っていますが、今一番赤くなってきているのが、ミニトマトの「トマトベリー」です!!



        小さくて、形もとってもかわいいです。
        酸味が少なくて、甘みが多く、ジューシーさが控えめ(種ゼリー部分が少ない)で丸ごと形をいかした調理がお似合いです。

        何しろわんさか実がついた様子が鈴なりというのを地でいっているようでほほえましいです♪

        しつこいようですが、たくさん採れたら辛辛食堂大名店で、サラダなどで登場するかもしれませんので、どうぞお楽しみにーーー


        農村部&野菜ソムリエ:ヒカル

        | アトモス農村部(hikaru) | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        シンプルズッキーニのグリル。
        0

          わが家でよく出てくるただ単にズッキーニのグリル。

          こんにちは!農村部&野菜ソムリエ(の資格も持ってるじょ)のヒカルです♪
          ズッキーニの季節ですね、九州はおそらく6月から7月の半ばくらいまでが
          一番旬!なのではなかろうかと思います。

          ズッキーニはもともと乾燥した温暖な地域に生育する野菜のようなので、(南米原産です)多湿に弱い性質があるのにもかかわらず、日本では生育できる温度が春〜夏ときているので、ばっちり梅雨時に収穫が重なり、受粉がしにくく結構難儀でもあります。


          うちのズッキーニ、こんな感じです↑

          ズッキーニはどんな調理法がいいのですか?といろんな方によく聞かれるのですが、

          私は、ナスとあわせたカレー味の「サブジ」、
          もしくは、ただ単にあげた「ズッキーニフリット」、
          それからこんな風に長い形を生かしてオリーブオイルでじっくり焼いて、美味しい塩と、削りたてのブラックペッパーというこれ以上ないくらいのシンプルな「ズッキーニグリル」みたいな調理法が好みです。
          弱火でじわじわとじっくり焼きます。
          ズッキーニは油との相性がものすごくいいのです。

          美味しい野菜が手に入るんだったら、あれこれソースを作ったりせず、
          このくらいシンプルな方が素材の味が引き立ってより贅沢な気分を味わえます。

          切り方もざっくり。
          オリーブオイルも、塩もブラックペッパーも、自分のお気に入りのものがあるとなおいいですね♪

          フォークとナイフで必要な分だけ切って食べるのもおしゃれですよ♪

          野菜ソムリエヒカルのズッキーニ教室でした。

          農村部:ヒカル
          | アトモス農村部(hikaru) | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ナスを食べまくる季節のはじまり。
          0


            こんにちは!農村部のヒカルです。
            先日から、ナスが一気になりはじめて、毎日まいにちナスを食べるのに追われております(笑)。

            今日は、ナスのくったり煮というのを作りました♪

            美味しかったので作り方をご紹介します。

            (材料)
            ・ナス・・・5本くらい
            ・ごま油・・・適量

            ・酒・・・大さじ4〜5
            ・醤油・・・大さじ3
            ・水・・・1/4カップくらい
            ・煮干しか鰹節・・・好きなだけ

            ・生姜・・・すりおろしたものをひとかけ分

            ナスを油が回りやすいようにカット。
            (縦半分に切って、さらに斜めにカットするのが表面積広くてよさそうです。)
            鍋にごま油を適量入れて、熱し、カットしたナスを炒めます。

            油がまわったら、酒、醤油、水、だしになりそうな煮干しや鰹節を適量(結構多めが美味しい)入れて、ふたをして中弱火でくったりするまで煮こむだけ。

            最後におろした生姜を入れると美味しいくったり煮の完成です。

            くったり煮こむと、かさばるナスもしんなりしてたくさん食べられるので、とても気に入った料理です。

            次回は、梅干しを入れてアレンジを変えて煮こんでみようと思います。

            1〜2本中途半端にあまったナスは、塩もみして浅漬けに。↓↓



            ミントを刻んだものや、大葉もあいますね。
            変色しやすいので、食べる直前に作るのがオススメです。

            みょうばんを使うという方法もありますが、めんどくさいので(!)
            我が家では持っているものの使っておりません♪

            あー。
            ナスばっかり食べる季節が始まってきましたね。

            多く採れたら辛辛食堂大名店にもっていく予定です。
            糸島野菜としてオンメニューされるかも♪
            お楽しみに!!


            農村部:たまに野菜料理研究家:ヒカル




            | アトモス農村部(hikaru) | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            最近の畑の収穫
            0


              こんにちは!
              農村部のヒカルです。

              梅雨になってしまいましたが、4月末に植えた苗がだんだん大きくなってきてそろそろ収穫の第一波がきはじめています。

              たくさん採れていますよ〜。どうやって食べようか悩み中です。


              農村部:ヒカル
              | アトモス農村部(hikaru) | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              紫陽花の季節のカラーコーディネート!
              0
                紫陽花

                こんにちは!
                農村部のヒカルです。

                すっかり梅雨の季節ですね。
                畑を始める8年前くらいまでは、申し訳ないけど、
                雨がとても苦手で、雨が降っているというだけで約束をキャンセルしたい(ヲイ!冷や汗)くらいな雰囲気でしたが、

                畑を始めてからは、わざわざ水やりに行かなくてもいい『恵の雨だわ!』と思うようになりました。

                人間、視点が変われば、なんでも受け入れれるようになるもんです。

                実は、ワタクシ、アトモス本部のコーチであり、農村部の部長でありますが
                カラーコーディネーターの資格も持っております。
                (ちゃんと勉強しました!)

                ざっくり説明すると、人は大きく分けて、黄色っぽいのが似合う人(イエロー系)と青っぽいのが似合う人(ブルー系)の2種類に分けることができるんだそうですよ。

                イエロー系の方は茶系が似合って、ブルー系の方は、グレーや黒が似合う、なんて表現します。

                さらに、日本の四季で似合う色を分けるとすると、『春』『夏』『秋』『冬』の4タイプに分ける事ができます。

                どこで見分けるかというと、その方のもともと持っている肌、目、髪、唇、血管(透けて見える血の色)などが、イエローが馴染むのかブルーが馴染むのかで判断します。

                一部のカラーアナリストの皆さんは、この写真の紫陽花のようなスモーキーな色が似合う人を『夏(サマー)』の人と表現します。

                ちなみにサマータイプの方は、黒い色は強すぎて馴染まないのですが、(黒、白、原色が似合う人は『冬』タイプです)グレイだったらとても似合います。

                紫陽花のような、彩度が低めで(原色に高明度のグレイを足していくと紫陽花の色の雰囲気になります)明度の高い色がばっちり馴染みのよい配色です。

                馴染む配色という概念は、『肌や目や歯の色素をよりきれいに見せる』という考え方です。

                これを外さなければどんなお洋服の色も着こなせるかもしれませんね♪
                色の組み合わせの基本を知っていたら、なんとなく上品にまとまるものかもしれません。

                男性だったら、スーツの色やシャツの色、ネクタイの色で、
                顔映りがまったく違って見えます。

                似合う色のものを着ると、髭などの剃りあとが目立たなくてスマートです。

                興味のあるアトモススタッフのみなさま、お気軽に声をかけてくださいね!
                希望者が集まれば、アトモスで色彩講座などやってみたいな、と思いつきました。

                紫陽花から話が膨らんじゃいましたね。
                自然の色は、素晴らしいカラーコーディネートで、花を見て学ぶところがたくさんありますね。


                農村部:ヒカル



                | アトモス農村部(hikaru) | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ニンニクの収穫
                0


                  こんにちは!農村部のヒカルです。

                  今年は、無臭ニンニクと、普通のニンニクと2種類作りました。
                  小さな玉ねぎくらいの大きさがある、無臭ニンニクというのは
                  調べてみると、どうやら『リーキ』(西洋のネギ)の球根の部分を
                  無臭ニンニクとして販売されているようでした。

                  そうか、リーキだったのか。。。

                  普通のニンニクの方は、自分で作ったのを食べると、
                  他のが物足りなくなるくらい味が濃いです。

                  ニンニクは自宅でもたくさん使用するのであっという間になくなってしまいそうな予感です。


                  農村部:ヒカル
                  | アトモス農村部(hikaru) | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  採りたてのソラマメを食すの巻。
                  0


                    こんにちは!農村部のヒカルです。

                    ソラマメ、おたふく豆のシーズンも、もう終わりそうです。
                    味わって食べたいですね。

                    ご近所の畑仲間の方から、朝とったばかりというソラマメを
                    たくさんいただいたので、茹でたり揚げたりして食べています。

                    個人的に好きなのは、さっと揚げる食べ方です。

                    ほくほくしてちょっとジャガイモみたな食感です。

                    来年は、うちもソラマメたくさん作ってみよう。


                    農村部:ヒカル
                    | アトモス農村部(hikaru) | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    糸島のホタル
                    0


                      こんにちは!
                      農村部のヒカルです。
                      うちの近所はちょっと山の近くに行くと、ホタルがたくさん飛んでいます。

                      ホタルは、梅雨までの間見られますね。
                      20時から21時くらいまでが一番キレイだと思います。

                      農村部:ヒカル
                      | アトモス農村部(hikaru) | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |